ページトップ

学会の制度|専門医制度

  • 学会の制度index
  • 専門医制度
  • 認定薬剤師制度
  • 認定CRC制度
  • 海外研修制度

臨床薬理専門医更新手続きのご案内<2017年度>

専門医認定期間は5年間となり認定期間終了年度に更新手続きをしていただきます。更新申請につきましては該当される方々に、更新申請書類を専門医制度委員会事務局より送付いたします。また、保留中の方々にも事務局よりご連絡申し上げます。

  1. 日本臨床薬理学会は臨床薬理専門医(以下、専門医)のレベル保持のため、専門医の更新を行います。
  2. 専門医の認定期間は5年間となっており、認定更新の審査を受けなければ引き続いて日本臨床薬理学会臨床薬理専門医を呼称することはできません。
  3. 認定更新は毎年1回、日本臨床薬理学会機関誌「臨床薬理」および学会ホームページに公告して行います。
  4. 認定更新は認定期間中の5年間に以下の要件をすべて満たした方について行います。
    1. 1) 継続して本学会の会員であること
    2. 2) 研修単位(50単位)以上を取得すること
  5. 更新に際して必要となる書類は、下記のとおりです。
    1. 1) 認定更新申請書(P1/3〜P3/3の3枚)
      1. P1/3 表紙
      2. P2/3 研修単位取得一覧表
      3. P3/3 研修単位取得を証明する資料(研修単位は以下の6の基準で加算)
    2. 2) 更新審査料(1万円)の送付証明書(振込控のコピー)
      更新審査料は以下の銀行口座へお振り込みください。
       みずほ銀行 根津支店 普通:1067635
       「一般社団法人 日本臨床薬理学会」
       (イッパンシャダンホウジン ニホンリンショウヤクリガッカイ)
  6. 研修単位の基準
    1) 日本臨床薬理学会学術総会(年会)出席: 15単位/回
    2) 臨床薬理学講習会・日本臨床薬理学会地方会出席: 10単位/回
    3) 日本医学会総会出席: 10単位/回
    4) 学会機関誌「臨床薬理」への論文発表: 筆頭著者 10単位/編
    共著者 4単位/編
    5) 日本臨床薬理学会学術総会(年会)・地方会での研究発表: 筆頭演者 5単位/回
    共同演者 2単位/回

    出席証明については出席証明書(出席者控え)、参加名札(参加証明書との記載があり、かつ参加費の領収書部分を含むこと)のコピーが必要ですが、事務局で出席を確認している場合の証明は不要です

    また4)の証明には論文別刷またはそのコピー、5)の証明には別刷またはプログラムのコピーが必要になります。

    *:更新該当の方々にお送りする認定更新申請書P3/3に記載しています。

  7. 認定更新時に取得した単位数が、所定研修単位(50単位)に満たない場合、更新の保留を希望する方に対しては、申請により最長2年間の保留を認めます。ただし、保留期間中は臨床薬理専門医を呼称することはできません。
  8. 更新申請のスケジュール
    1)更新申請書送付: 2017年5月末頃
    2)更新申請締切日: 2017年7月28日(金)
  9. 個人情報の取り扱いについて
    当学会にご提出いただいた個人情報については、専門医制度委員会において管理し、本件以外には使用いたしません.利用目的に照らして不要となった個人情報に関しては、内規に従い、適正な方法で速やかに且つ厳正に廃棄いたします。
2016年から地方会が開催されました。同一年内(1月1日~12月31日)に開催した地方会での参加及び発表等で申請可能な単位の合計上限は20単位とします。更新申請年の学術総会、臨床薬理学講習会および各地方会の参加実績も加算することができます。「出席予定」として研修単位取得一覧表に記載し、出席後に出席証明書を事務局までご提出ください。

<お問い合わせ先>
一般社団法人日本臨床薬理学会 専門医制度委員会事務局
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル
TEL:03-3815-1761 FAX:03-3815-1762
E-mail:clinphar@jade.dti.ne.jp

ページトップへ